MT4を使った自動バックテスト②ストラテジーテスターの使い方

2019年12月14日

前回の記事では、自動バックテストをする前の準備をしました。(①エキスパートアドバイザーの起動と設定

今回は、設定したプログラムを使って、MT4の自動バックテスト を実際に動かしてみます。

おじさん
おじさん
最初に自動バックテストをしたときは、あまりにも簡単で速いことに驚きました
うさぎ
うさぎ
この記事では楽天証券のMT4(Build1220以降)を使っています 。画面構成など、他社のMT4と違う場合があります。

ストラテジーテスターの設定

まず、MT4の画面上部にあるストラテジーテスターのアイコン(虫眼鏡)をクリックします。

画面下部にストラテジーテスターが表示されます。

ストラテジーテスターの表示スペースが狭いときは、境界の辺りにカーソルを合わせると矢印が出るので調整してください。

また、ストラテジーテスターを閉じるときは、画面左の「☓」マークをクリックしてください。

次にストラテジーテスターの設定をしていきます。

設定するのは以下の項目です。

うさぎ
うさぎ
細かい設定は後回しにして、とりあえず動せるように設定をします
設定項目

  1. 「エキスパートアドバイザ」を選択
  2. 「Test-MA.ex4」を選択
  3. 「AUDCAD」を選択(お好きな通貨ペアでOK)
  4. 「始値のみ」を選択
  5. 「期間を指定」にチェックを入れる
  6. 「2010.01.01」を選択
  7. 「2019.12.01」を選択
  8. 「ビジュアルモード」にチェックを入れる
  9. 全ての設定が完了したらスタートボタンをクリックします

④の「モデル」は、ティックデータにすると、実際の値動きに近くなります。

ローソク足が1本できるまでに価格は何度も変動します。
その細かな値動きを再現するのがティックデータです。

しかし、今回のプログラムはロウソク足が確定してから売買注文を出すようになっています。

そのため処理速度の速い 始値のみコントロールポイントでも、結果は変わりません。

おじさん
おじさん
ティックデータにすると、処理速度がめちゃくちゃ遅くなります

検証中の操作とチャートの見方

検証が始まると、自動で売り買いを始めます(過去のデータを使った疑似的な売買です)。

検証中は下の画像の①のボタンで一時停止が可能です。

また、②のボタンで速度を変更できます。

③のボタンは、「バックテストのプログラムを途中で終了する」と言う意味の「ストップ」ボタンなので注意してください。

今回のプログラムは、短期の移動平均線(MA)が長期のMAを上抜けると「買い」、下抜けると「売り」でエントリーします。

つまり、ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売るだけの単純な手法です。

チャートが細かくて分かりにくいですが、青の矢印が買いエントリー、赤の矢印が売りです。

矢印が重なっているのは、常に売りと買いのいずれかのポジションを持っているからです。

例えば「売りポジション」を持っていたら、まず売りポジションを決済し、すぐに買いポジションを持ちます。

おじさん
おじさん
いわゆる「ドテン」ですな

検証の結果

検証の結果は、ストラジーテスターの下にあるタブをクリックすると確認できます。

検証結果の見方は、別の記事にまとめてあります。

残念ながら、今回の結果は利益の出る結果にはなりませんでした。

しかし、ここから何故利益が出ないのか、利益の出るのはどんな場面なのかを仮説を立てながら再度検証していくことが必要になります。

おじさん
おじさん
自分で利益の出やすいパターンを見つけるのが、勝てるトレーダーになるための条件ですね
うさぎ
うさぎ
期間を変えたり、通貨ペアを変えたり、時間足を変えたり、パターンは無限にありますね

また、結果を見ると、バックテストのスタートが指定した2010年から始まっていないことに気づくと思います。

これはMT4に入っているデータが2~3年分しか入っていないからです(業者によってデータ量は違います)。

バックテストの期間は長いほうが良いので、次回の記事では過去の価格データを入手する方法を解説します。

おじさん
おじさん
期間を長くして、バックテストの精度をドンドン上げていきましょう